立場表明呼びかけアクション

核兵器禁止条約
オブザーバー参加 呼びかけアクション

3月には核兵器禁止条約の第1回締約国会議があります。
核兵器がない世界に向けて世界中の国々が集まり、真剣に議論をします。


会議には締約国以外の国々もオブザーバーとして参加することができ、
日本と同じようにアメリカの核の傘に頼るNATO加盟国のドイツやノルウェーは
既にオブザーバーとして会議に出席することを明らかにしています。


締約国会議の議題には核兵器の被害者への援助も含まれ、
唯一の戦争被爆国である日本が提言できることは多くあります。
また核保有国と非保有国の間で「橋渡し役」を担い、国際的な核軍縮の動きをリードしていくためには
会議にオブザーバーとして出席することが求められます。

しかし、日本政府はまだ決断していません。

現在、過半数の国会議員がオブザーバーとして会議に参加することに
賛同していますが、政府が決断するためにはもう一押しが必要です。
私たちの意志を国会議員を通じて、政府に届けるため
国会議員に締約国会議へのオブザーバー参加に賛同するよう
一緒に呼びかけましょう!

各種テンプレートはこちらをクリック!



「議員の一覧は、議員ウォッチへ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です