核禁条約発効から1年の日、山口雪乃が長崎新聞に掲載されました

2022年1月22日付、長崎新聞で、長崎在住の山口雪乃は、記事の中で次のように話しています。

…昨年8月から、首都圏を拠点に核廃絶に取り組む学生団体「KNOW NUKES TOKYO(ノー・ニュークス・トーキョー)」に参加。課題は長崎での仲間づくりだ。同世代に核問題を自分の事と感じる人は少ない。関心があっても長崎には「集う場」がなく、広がりに欠ける。それでも「関心の無い人を巻き込んで運動を起こせるか。課題でもあるが、可能性も感じる」と前を向く。

記事はこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。