オンライン被爆証言会vol.4「~核兵器禁止条約締約国会議に向けて~ ヒバクシャと会ってみよう 家島昌志×徳田悠希」

家島昌志さん。まっすぐとした言葉と、時折混じる遊び心が素敵な方です。
3歳のとき、広島で被爆し、自身や身近な人が経験した核兵器の恐ろしさと、苦しみを語ってきました。

世界には、核兵器禁止条約という核を無くすための選択肢がしっかりと存在しています。その初めての締約国会議に、「日本でじっと黙っていることはできない」と、家島さんも参加されます。

どんな想いを世界に発するのか。そしてその想いに込められた意味を、証言会で共に過ごす時間から考えませんか?

オンライン被爆証言会vol.4
「~核兵器禁止条約締約国会議に向けて~
ヒバクシャと会ってみよう 家島昌志×徳田悠希」

【開催日時】6月3日(金)18:00~19:30
【方式】オンライン(zoom参加)
【申し込み〆切】6月3日正午

語り手

家島昌志
日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)代表理事
3歳のとき、広島で被爆。
2015年のNPT再検討会議に参加するなど、国内外で体験を語り、核兵器廃絶を訴えてきた。今回、核兵器禁止条約の第1回締約国会議に参加予定。

徳田悠希
KNOW NUKES TOKYOメンバー / 東京都出身の上智大学3年生。
中高時代に修学旅行で訪れた広島と長崎でヒバクシャと出会い、核問題に関心を持つ。
なかなか行動に移せる場に巡り合えずにいたが、大学進学後にKNOW NUKES TOKYOと出会う。イベント企画や、国会議員との面会を通して、核兵器廃絶に向け活動中。

お問い合わせ info[@]know-nukes-tokyo.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。