徳田悠希が非核の政府を求める会主催のシンポジウムに登壇しました

1月10日、非核の政府を求める会が主催する新春シンポジウム「核禁条約発効から1年、NPT再検討会議、TPNW締約国会議へ―いま、被爆国政府のとるべき道」に、徳田悠希が登壇しました。

非核の政府を求める会は、1986年に発足したNGOで、同会が掲げる「非核5項目」に賛同する思想・信条の違いを超えた広範な人々によって構成され、活動しています。

明治学院大学の高原孝生教授や、反核法律家協会の大久保賢一会長に続いて、徳田悠希は「『人』として核兵器を捉える TPNW 学生はどうとらえ、どう伝えるか」というテーマで、議員面会プロジェクトの紹介や、活動のきっかけなどをお話しました。

議員面会プロジェクトは、核兵器禁止条約を守り、育てることの一端を担っているという実感を報告しました。

様々な人々と連帯しながら、アクションを起こしていきたいと思います。

その様子は、後日しんぶん赤旗で紹介されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です