「日本の若者が核兵器と気候危機を考える作戦会議」に登壇(ICRCと日本赤十字社)

昨年10月、ICRCと日本赤十字社は核兵器と気候危機に関するイベントを東京・夢の島公園の「第五福竜丸展示館」で実施しました。核兵器廃絶 や気候変動 対策に取り組む若者7人が集い、意見交換。本日、それが「日本の若者が核兵器と気候危機を考える作戦会議」とのタイトルで公開をされました。こちらより、ご覧いただけます!

登壇は以下の方々です。
・ICRC駐日代表部ボランティア 髙垣慶太(19)
・大阪府青年赤十字奉仕団 浅羽大地さん(20)・廣瀬未沙さん(20)
・KNOW NUKES TOKYO 中村涼香さん(21)
・第五福竜丸展示館ボランティア 杉本汐音さん(22)
・Fridays for Future(FFF) Japan/Hiroshima・Peace Culture Village(PCV) 奥野華子さん(20)
・グリーンピース 儀同千弥さん(25)

Peace Boat / ICAN川崎哲さんがファシリテーターを務めてくださいました。

ICRCが若者の議論の場を作る意義は大きいと思います。KNOW NUKES TOKYOのメンバーも出演をさせていただきました。KNTメンバーで、ICRC駐日代表部ボランティアを務める髙垣慶太が約半年がかりで企画・運営の中心を担いました。

昨年12月には第2回作戦会議をオンラインで実施したそうです。引き続き、連帯して何ができるかを話し合っています。今、私たちに課せられた使命があるとすれば、それは核兵器と気候危機の脅威が、私たち一人ひとりと地球の命運に直結することを広く知らせていくことではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。