2021衆院選 KNTの取り組みまとめ

衆院選に際して、KNOW NUKES TOKYOは、核兵器禁止条約を争点にするため、多数の取り組みを行いました。(ご覧いただいたみなさま、ありがとうございました)。
結果に一喜一憂せず、これまで通り、「議員の意識を変える」努力を継続したいと思います。

配信

NO YOUTH NO JAPANとインスタライブコラボ(10月22日)
U30団体と衆院選なホットな「平和」のテーマとして、「核兵器禁止条約」について、NO YOUTH NO JAPAN代表の能條桃子さんと高橋悠太が対談しました。

Choose Life Project出演(10月24日)
「投票2021 Vol.9 決断すれば、今日から核はなくせる。 リアルな核兵器のない世界へ向けた選択」と題した配信に高橋悠太、徳田悠希が出演しました。

特別配信「#私の視点 核兵器禁止条約と衆院選」(10月22日)
ゲスト:川崎哲ICAN国際運営委員、出演:徳田悠希、山口雪乃、高橋悠太(司会)

みんなが選ぶチェックリストツイッタースペース出演(10月27日)
「核兵器・原発」をテーマにしたツイッタースペースに中村涼香が出演しました。

プロジェクト

衆院選全候補者にアンケート調査(東京)
面会時と同じく、核兵器禁止条約への賛否と、条約批准の障壁などについて、アンケート調査を実施しました。回答率は約3割。与党議員からも回答がありました。前職議員の回答はデザインし、全回答を議員ウォッチ上に反映し、SNSなどで展開しました。



中間報告会も実施し、約30名の参加がありました。(10月9日)

衆院選全候補者にアンケート調査(長崎)
質問項目は、東京と同様で、それに加えて「締約国会議へのオブザーバー参加の賛否」についても問いました。回答率は、11人中3人でした(うち当選1人)。

「衆院選候補者に聞いてみよう!核兵器禁止条約 YES or NO?! 立場表明 呼びかけアクション」
回答を呼びかける「テンプレート」を作成し、議員ウォッチと連携し、キャンペーンを展開しました。最終的に、1,051人の候補者のうち47%にあたる494人が賛同を表明しました(10月30日、最終数値)

各党の核兵器禁止条約と締約国会議オブザーバー参加へのスタンスなども一覧化しました。(10月22日)

インフォグラフィックス「KNOW NUKES」作成
新首相 岸田文雄 まとめ」(10月14日)
71% 国民の核兵器禁止条約支持率」(10月22日)
政党別 核兵器禁止条約 賛同率」(10月28日)

インスタグラムIGTV 「tsumugi」とコラボ

その他、メンバーが関わったアクションなど

立教大学で「市民運動と選挙」と題して講演しました(10月19日)

中野区での「投票所はあっち」アクションに、KNTメンバーが参加しました。(10月24日、31日)
japan timesに掲載されました(10月29日)
zipにてOAされました(11月1日)

「投票所はあっち」ポスターアクション
4月の参院広島再選挙でつながったメンバーたちと、高垣慶太が中心になってSNSポスターアクションを展開しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です